メキシコペソのスワップ運用でセミリタイアを目指す!!

スワップポイント生活【メキシコペソ】

仕事の時間を減らして自由時間を増やしていきたいと思いませんか?

そのためにはお金に働いてもらう必要があります。つまり不労所得です。

私は「老後資金」と「教育資金」の捻出のために『つみたてNISA』と『iDeCo』を利用しています。

ですが、働く時間を減らすほどの利益はでません。

そこで始めたのが【スワップ運用(FX)】です。

運用状況を更新していきますのでこれから始める方の参考になれば嬉しいです。

スポンサードサーチ

メキシコペソでスワップ運用

日本の政策金利は0.1%、メキシコペソの政策金利は現在7.75%です。

他の高金利の通貨と比べてみてもかなり金利が高いです。

また、メキシコは高金利通貨の国の中では格付け会社の評価も良いです。

しかし『金利が高い=リスクが高い』という事なのでリスク管理が必要です。

シミュレーションしてみよう

メキシコペソ スワップ運用シミュレーション①

条件
レート(円/ペソ)5.8円
スワップ 1LOT(10,000ペソし)13円(1日あたり)
積立額10,000円(毎月積み立て)

毎月一万円の積立でも20年続ける事で14万円を超える不労所得になります。

14万円の不労所得があれば週に1日くらい休みを増やしても大丈夫じゃないでしょうか?

メキシコペソ スワップ運用シミュレーション②

条件
レート(円/ペソ)5.8
スワップ 1LOT(10,000ペソ)13円(1日あたり)
積立額20,000円(毎月積み立て)

毎月2万円の積立をすると20年で30万円近い不労所得になります。

30万円の不労所得があればほとんど働かなくてもいいんじゃないでしょうか?

メキシコペソ スワップ運用シミュレーション③

条件
レート(円/ペソ)5.8円
スワップ 1LOT(10,000ペソ)13円(1日あたり)
積立額30,000円(毎月積み立て)

毎月3万円の積立で20年後には50万円近い不労所得になます。

これならセミリタイアできるのではないでしょうか?

さらに、23年目を超えたあたりで取引金額が1億を超えています!

清算して1億円から他の投資に回しても良さそうです。

スポンサードサーチ

私のスワップ運用 基本情報

運用口座セントラル短資
スワップ開始日2019年9月26日
初期投資額500,000円
積立額毎月10,000~30,000円
スワップポイント再投資(複利運用)
レバレッジ3倍から徐々に下げていく

メキシコペソスワップ【2019年11月11日週】

口座資産586,990円
評価損益39,410円
証拠金維持率895%
実行レバレッジ2.7倍
口座清算価値626,400円
必要証拠金69,960円
維持証拠金69,960円
超過証拠金556,440円

スポンサードサーチ

まとめ

累計スワップは1ヶ月半くらいで【17,071円】になりました。

引き続き【積立】×【複利】でセミリタイア目指していきます!

セントラル短資で運用中

セントラル短資は創業100年以上の信頼できるFX会社です。

スワップもスプレッドも業界最高水準をキープしています。

なにより決済前でもスワップポインを出金できるのが魅力。

生活費として利用したいので決済前にスワップを引き出せるのは必須条件を思っています。

ただスワップポイントに税金がかかるので確定申告が必要になります!事前に確認しておきましょう!

コメント