【薄毛のお悩み】元オーダーウィッグ販売店長がおすすめする3つの方法

薄毛でお悩みの方へ

薄毛で悩んでいる方は男性女性問わず大勢います。

つむじや分け目・生え際など薄毛が気になるところは人それぞれ。

薄毛が気にならなくなる、または改善する方法があれば誰もが知りたいと思うはずです。

その方法は私が働いていた会社では大きく分けて3つありました。

ウィッグ】【増毛】【育毛】の3つです。

女性用オーダーメイドウィッグの販売&店長の経験をもとにわかりやすく記事にしていきます。

この記事を見れば自分に合う方法が見つかるはずです。

スポンサードサーチ

ウィッグ(かつら)

まず最初にウィッグです。

ウィッグにもいろんな種類があります。

大きく分けると2つ。

オーダーメイドウィッグ】か【既製品】かです。

オーダーメイドウィッグ

金銭面に余裕があるのならオーダーメイドウィッグをおすすめします。

髪の色は自毛に合わせて制作できますし、白髪の割合まで細かく調整できます。

人工毛や人毛も一人一人に合わせて素材や太さを選びます。

頭の形に合わせてネットを作るのでプカプカ浮くことも最小限に抑えられます。

つむじや分け目も長さや大きさに合わせて1㎝単位でサイズを変えられるのも魅力の一つです。

ネット作成~植毛~カットまで全て人の手で作り上げていきます。

ウィッグをもらった後のアフターケアも◎です。

店舗に行けば個室で対応してくれますのでウィッグはもちろんですがカットやカラーなど自毛のメンテナンスも含めてすべての施術を人と顔を合わせることなく終わらせることができます。

店舗まで行けない人は宅配や自宅訪問でメンテナンスも可能です。

至れり尽くせりですよね!

ただデメリットをいうと「値段が高い」ということです。

会社・種類・サイズによって違いますが女性用で大体30万円~70万円

男性用で30万円~100万円が相場になると思います。

ウィッグは消耗品ですので使えば古くなっていきますので買い替えの必要もあります。

「高すぎるだろ!」と思う方も多いとおもいますが品質・ケア・メンテナンスを考えると高額になるのも仕方ないのかもしれません。

金銭面に余裕があるのならオーダーウィッグをおすすめします。

既製品

コストを抑えたい人は既製品をおすすめします。

ウィッグは消耗品です。一生ものではありません。

使っているうちに古くなってきてしまうので買い替えや修理が必要になってきます。

ウィッグはランニングコスト(固定費)がかかるのです。

既製品ならコストを抑えることができます。

会社・種類・サイズによっても違いますが数千円~20万円位が相場になると思います。

かなり値段の幅が広いですがその理由は薬局に並んでるものからセミオーダーまであるからです。

最近では薬局などでもウィッグの取り扱いがあります。

白髪染めやおしゃれ染めの棚に並んでウィッグが置いてある事も見かけますね。

大手オーダーウィッグメーカーからも既製品がでていて数万円~20万円くらいのウィッグが路面店やデパートに並んでます。

サイズや色など何かしら妥協点が必要になりやすいですが価格を抑えられるのは最大のメリットではないでしょうか?

細かいことを気にしない人はコスパのいい既製品がおすすめです。

増毛

変化のギャップが気になる方は増毛をおすすめします。

ウィッグを使用するとボリュームが増えます。

周りの目が気になるという人も少なくありません。

そんなかたは増毛から始めると気になりにくくなります。

増毛とは毛に人工毛を結んで増やすことをいいます。

1本の毛に対して2本・4本と結んで増やすものから範囲を決めて数千本増やすものまであります。

徐々にボリュームがでてくるのはで周りの人は変化に気づきにくいです。

デメリットは結んだ毛が抜けたら増毛した毛も一緒に抜ける

結び目がブラシが引っかかる事です。

これはどうしようもないので優しく扱うのみです。

増毛で徐々に増やしてからウイッグに移行していく方もいます。

最近では美容室でも増毛できるところが増えてきてるようで1本あたり10円~100円位が相場でしょうか?+で取付料がかかる場合もありますので契約前にしっかり確認しましょう。

人間の髪は全部で10万本くらいあるといわれていますから増毛のみで増やすのはコスパよくないですね。

でも急な変化がいやなら増毛をおすすめします。

スポンサードサーチ

育毛

まだまだ髪が多いなら育毛をおすすめします。

育毛は基本マッサージです。

髪や頭皮にいいシャンプーや育毛剤を使いますが基本はマッサージです。

気持ちよくてめちゃリラックスできるものが多いです。

正直薄毛になってからだと髪が後退していくパワーの方が強すぎて育毛のパワーではバランス取れてないような気がします

やらないよりはやったほうがいいですが…。早めの行動を。

まだ髪があるうちに抜け毛予防として育毛をするのであればおすすめします。

さいごに

今回紹介したものは美容師が施術できるものになります。

植毛やAGA治療はお医者さんの専門になりますので今回の記事では外させてもらいました。

あなたに合う方法は見つかりましたか?

\ランキングに参加中/
画像を押してもらえると励みになります♬

薄毛でお悩みの方へ
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね☺
気になったらフォローしてね♬
スポンサーリンク
自営業美容師の資産形成

コメント