使うお金と貯めるお金の話

雑記記事

あたりまえの話ですが自営業だとお給料もらえないんです。
一か月の売上が自分のお金になるんです。

スポンサードサーチ

どんぶり勘定はほどほどに

私は最初一か月分の売上から生活費とお小遣いだけ差し引いて、
あとは貯金してたんです。

一年たつと税務署からいろんな税金の請求書が送られてきて貯金から支払いをしていました。

支払いもできてるし別にいいじゃんと思っていたのですが、

それだとつかっていいお金と貯めておくお金の区別がつかないんです。

どんぶり勘定は先が見えないのです。

用途別に仕分ける

私が最初にとりかかったのは毎月の固定費をなんとなく分ける(きっちりやると続かないタイプなので少しどんぶり勘定です。)

◆生活費

これは食費と雑費です。子供の服だったり外食だったり。この範囲で納めるように妻が心がけてくれています。妻は節約して余ったぶんで旅行貯金をしているようです。

◆家のローン

これは35年の固定費。住宅ローン控除が終わったらバンバン繰り上げ返済していきたい。

◆保険 年金

これは国民年金と国民健康保険。あと、がん保険とか生命保険とか。60歳までに死んでも妻と子供が暮らしていけるようにしてます。

◆子供用

これはなにかと使うタイミングがあります。給食費とか学校教材とかエンピツとかいろいろ。子ども手当は手をつけずにここに貯蓄。

◆老後の資金

うちではiDeCoとつみたてNISAで老後の資金作りしてます。会社員より年金少ないからしっかり目にやらないといけないのが辛いところ。

関連記事>>idecoは自営業に必要?

関連記事>>自営業はつみたてNISAやるべき?

◆万が一貯金

万が一の時に半年は暮らしていけるお金。これは銀行にただ置いてあるだけ。

スポンサードサーチ

仕分けると気持ちが楽になる

仕分けると気持ちが楽になるんです。

老後はiDeCoと積立NISAの分で暮らしていける予定なので60歳まで現状維持できれば60歳で隠居生活を始められます。

将来必要な分と今月必要になる分をわかりやすく貯めておけば余った分は自由に使用していいお金となります。

貯めて旅行に行ってもよし。投資にまわして資産をふやしてもよしです。

最後に

必要な分を別にして貯めておくなんて当たり前じゃんと言われそうですが私は全然できてなくて苦労しました。

仕分けしてからは無駄な出費を抑えられるようになったので自営業ルーキーの人は参考にしてみてください。

雑記記事
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね☺
気になったらフォローしてね♬
スポンサーリンク
自営業美容師の資産形成

コメント